• 学生寮はもはやその存在をも危うくしてしまう、というのは最近ではあまり聞かれなくなってしまった。

    バブルの頃は都会の大学に進学すること自体があこがれの一種であったし、一世を風靡したトレンディドラマにあやかって、しゃれた雰囲気のアパート?に入居して颯爽と街やキャンパスを闊歩することがステイタスだった時代もあった。

    しかし現代の不況の時代、なんといっても学生寮は安価な上、特に女子学生寮は保護者には安心である。

    「寮」の持つイメージの一つには、ルールにしばられ、プライベートを確保すること自体が難しい、といったマイナス面が目立っていた。

    しかし現在ではそのイメージは一転している。

    学生が集まる都会には大学の学生寮波もちろんだが、最近では多くの学生会館なる学生寮がある。

    在籍大学にこだわらずに広く学生を受け入れる。

    たしかに大学学生寮と比較すれば少々金額が張るが、こういった寮、特に女子学生寮は、大事な我が子を手放す保護者には安全な場所として人気である。

    プライベートの確保がもっとも望まれる昨今、個室も充実、冷暖房完備、家具付き、食事付き、BSやCS兼備のテレビ、冷蔵庫、インターネット接続システム、中にはバス・トイレ完備の個室も用意されているものもある。

    またDルームも備え、学生同士のコミュニケーションも図り、孤立・孤独から回避することも考えられるようになった。

    女子学生寮のイメージを一新し、何よりも保護者が安心してかませられるような場所となっている。

    Posted by Wilson Cham @ 08:28

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>